名古屋の観光スポットをご紹介

 

 

 

【PR】
愛知県で一番行列のできるラーメン店「麺屋はなび」が送る新型店舗。麺屋はなびをベースに独自展開を目指す新ブランド。愛知県半田市に本店を構える。

全のせ台湾まぜそばは圧巻

場所 電話番号 価格
愛知県半田市旭町4-58 0569-47-8564 730円〜

 

 

名古屋テレビ塔
1953年9月19日着工。現在建っている土地は当時の名古屋市助役であった田淵寿郎によって復興のシンボルになるという理由で、有償貸与されている[1]。昼夜を通して工事が行われただけでなく建設許可の際、「塔の直下に地下鉄を通す」ことを条件に建設されたため4本の脚部は深さ6mまでしか埋め込まれておらず将来の地下鉄工事に備えるためにだるま式構造と呼ばれる4本の脚を鉄筋コンクリートのアーチで結合して固め、重心を下げる工事も行われている[2][注 1]。1954年6月19日竣工、翌日には開業・電波の発射を開始した。設計者は内藤多仲。名駅地区を中心に超高層ビルが乱立する中でも、通称「名古屋のテレビ塔」または「栄のテレビ塔」として、名古屋市中心部のシンボルとして親しまれている。(wikipediaより)
場所 電話番号 価格
名古屋市中区錦3丁目6-15 052-971-8546 大人700円

 

大須
第二次世界大戦後は客足が栄に流れ、さらに1972年に名古屋劇場が火災で焼失したことも重なって一時寂れた時期もあったが、1970年代後半に入り、集客を狙って大須大道町人祭を開催し、これと前後して第1・第2アメ横ビルや商店街などに家電店、パソコンショップが集まり、秋葉原(東京)、日本橋(大阪)に次ぐ電気街(2006年7月の調査によると、電器店、パソコンショップ等の数は秋葉原、日本橋、大須の順で多い)として発展し、日本三大電気街の1つとして数えられるようになった。しかし秋葉原、日本橋とは異なり、この地方では主力時計・カメラ系量販店(ウォッチマン・アサヒドーカメラ・トップカメラ)が家電・パソコンなどを販売していたほか[2]、大須自体がアーケード商店街がメインだったため、名古屋駅前の大型店進出(ビックカメラ名古屋駅西店、ヤマダ電機LABI名古屋店)により、秋葉原、日本橋の例と同様に電気街としては縮小傾向にある[3]。また、電脳街としてもグッドウィルや九十九電機などが店舗統廃合するなど、名古屋駅近辺に進出したビックカメラグループ(ビックカメラ・ソフマップ)やヤマダ電機などの影響や業界再編の波で縮小傾向にある。なお、前述のグッドウィルや中京マイコン、アプライド(旧コムロード)では美少女ゲームに店舗独自特典を付けて販売する事でも知られる。(wikipediaより)
場所 電話番号 価格
名古屋市中区

 

名古屋ボストン美術館
名古屋ボストン美術館(なごやボストンびじゅつかん)は、愛知県名古屋市中区金山に所在する美術館。アメリカのボストン美術館の姉妹館。名古屋ボストン美術館自身は資料の収集・保有はせず、展示資料はすべてボストン美術館から借り受けるシステムとなっている。

 

美術館は金山駅前の金山南ビルの2フロアを使用。開館からしばらくは上のフロアを古代オリエント美術の常設展としていたが現在は廃止し、企画展用のスペース「オープンギャラリー」となっている。(wikipediaより)

場所 電話番号 価格
名古屋市中区金山町1丁目1-1 052-684-0101 大人1300円

 

名古屋市博物館
1977年(昭和52年)10月1日に開館した。 常設展示室では「尾張の歴史」を、特別展示室・部門展示室では尾張地域の歴史資料や、内外の文化遺産を紹介している。他に展示説明室やビデオミュージアムがある。扱う資料は江戸期までが中心。分館として、尾張徳川家の旧蔵書を所蔵する蓬左文庫と[1]、豊臣秀吉や加藤清正に関する展示を行う秀吉清正記念館[2]がある。

 

なお、博物館正面の日本庭園地下には名古屋市上下水道局の瑞穂配水場が設置されている[3]。(wikipediaより)

場所 電話番号 価格
名古屋市瑞穂区瑞穂通1-27-1 052-853-2655 大人300円

 

【PR】ブックメーカー

ワールドカップやオリンピックの影響でスポーツに興味を持つ人が増えていますが、海外ではスポーツに対して合法的に賭け事をすることができることをご存知でしょうか?そんな合法的に賭け事のできる「ブックメーカー」というサービスをご紹介しています。海外のサービスではありますが、全て日本語でプレイすることができるのでスポーツ好きな人はもちろんギャンブル好きな人にもオススメです。

 

解説サイト 解説の丁寧さ 情報の正確さ
3サイト+ネッテラー 実際に登録しているので正確